競馬について基礎知識

2019年競馬のルール変更について

投稿日:2019年1月1日 更新日:


2019年競馬の競馬ルール変更について


競馬業界には2019年よりいくつかのルール変更があります※JRAホームページ他参照

なるべく簡潔に書くので競馬うんちくとしてどうぞ

重賞レースが1レース増えます

2019/05/25(土) 葵ステークスが
重賞に昇格します
最初の年の格付け表記を「重賞」にするという事で
表記は葵ステークス(重賞)となります

これで2019年の中央競馬重賞レースが年間129レースとなります(障害レース除く)

リステッド競走の設定

一部のオープンレースに重賞とオープンレースの間の格付け「リステッド競走」と新たに格付けされる
「リステッド競走」には競走名の後ろに「(L)」を付すこととする
例:キャピタルステークス(L)

※目的:重賞に次ぐ重要な競走であることを明示するため、オープン競走の中で質の高い競走をリステッド競走として格付けする

夏季競馬より降級制度が廃止になる

新馬‐未勝利‐500万円以下‐1000万円以下‐1600万円以下‐オープンのクラスの降格が無くなります


強いクラスに行ってしまって勝てなくなった馬が下のクラスで降格戦が出来なくなってしまった

◆クラスの呼称が変更になる、条件戦の呼称が
500万円以下が1勝クラス
1000万円以下が2勝クラス
1600万円以下が3勝クラス
になります


※目的:条件戦で何勝クラスの馬か一目瞭然となる、下のクラスの馬が上に上がりやすくなる勝てない馬の引退が早まり、競走馬の入れ替わりや新陳代謝促進につながる

※馬主にとっては嫌なルール変更となります

女性騎手、新人騎手への斤量優遇措置の開始

開始時期:2019年3月1日~

女性騎手、新人騎手への斤量ハンデを開始します

◆女性騎手(騎手免許取得後5年以上 or 101勝以上)
常に斤量2キロ減

◆騎手免許取得後5年未満で30勝以下の騎手
男性騎手 斤量3キロ減
女性騎手 斤量4キロ減

◆騎手免許取得後5年未満で31勝から50勝以下の騎手
男性騎手 斤量2キロ減
女性騎手 斤量4キロ減

◆騎手免許取得後5年未満で51勝から100勝以下の騎手
男性騎手 斤量1キロ減
女性騎手 斤量3キロ減

※目的:女性騎手の騎乗機会の拡大を図る、新人騎手の成長促進、業界活性化

競馬で馬を操るのは全身の筋肉、特に腹筋から太ももの筋力が必要だと言われる馬をまっすぐ走らせるようにコントロールする為には両足の筋力が必要で追ったり押さえ込んだり、馬の頭を綱でコントロールする為にかなりの腕力を必要とする
「この騎手は腕力が強い」などよく使われ、腕力がかなりものをいう世界です
海外では男女の斤量差は既に取り入れられています

筋力的に劣る女性騎手や経験の少ない若手騎手にに斤量のハンデを付けることで、日本競馬界の騎手育成になるといいですね

外人騎手に重賞レースを総ナメにされている現状このルール変更は期待しちゃいますね

藤田菜七子頑張れ!!まずは重賞制覇やでー

中央競馬人気予想ブログをチェックしよう!!

ツイッター始めました

-競馬について基礎知識

Copyright© 馬券師Sの末脚通信 , 2019 All Rights Reserved.